Amazon(アマゾン)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月からAmazon(アマゾン)と仕事で関わるようになって、アマゾンにどんどん興味が湧いてきた。

成毛眞さんの著書「amazon」を読んでさらに「アマゾンってスゲェー」が加速してしまい、プライム会員にもなったが、全く後悔はしていない。

なんならサイバーマンデーでテンション上がってFireHDも購入してしまった。。。

stickも買ってしまった・・・、キンドルも止まらない。

プライム会員になると、さらに生活がアマゾンに侵食されていく感が半端ない。

プライムビデオ、プライムミュージック、キンドル、アマゾンフォト。

買い物以上に満足度を得られるのは、アマゾンの戦略通りなんだと思うが、そこがまたすごい。

 

消費者として見るアマゾン

商品数が多くシンプルなので購入しやすい。

ポイントで戦っていないので楽天やヤフー信者には響かない。

とはいえプライムと言う圧倒的なサービスを武器に買い物は「Amazonでいいや」と思わせてくれる。

Amazonで購入しているつもりが、実は個人事業主や中国からの並行輸入を買ってしまうケースも。

 

メーカー担当者として見るアマゾン

プラットフォームとして圧倒的な販売力。

セラー対策に必死。マジで死活問題。

中国の模倣品対策に必死。あいつらの努力と技術はすごい・・・、が、方向性間違ってることに気づいて欲しい。

広告もめちゃめちゃコスパがよく、G/Yの指名すら凌駕する。

そのため広告予算のアロケーションがAmazonに寄ってく。

ベンダーセントラルなど管理画面やAmazon用語が非常にわかりにくく不親切。

慣れてくると必要なデータは割と見れることに気づく。

クソレビューなんとかしてください。

 

 

1つ1つの要素を深掘って行きたいが、ベンダーでやっているメーカー担当者と情報交換したいな。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*